カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS


アクリルの色、柄、模様

アクリルの色、柄、模様のつくりかた


AGEのアクリル製品には、様々な色や模様があります。
ひとことで「柄あり」といってもその方法は一つではありません。
それぞれ独特の風合いに仕上がり、どれも個性的。ここではそのヒミツを覗いてみましょう。


■ アクリル板をそのまま製品に加工する


「アクリル」といって真っ先に思い浮かぶのは透明に輝くあの姿です。素材のままで加工することで、美しい透明感を表現します。
また、アクリルはカラーバリエーションも豊富です。
様々な色がありますので、お好みの色の素材を選ぶことでそのまま使用できます。





■ アクリル板に布地を挟んで加工する

かわいらしい模様や風合いが魅力のファブリックですが、水や汚れに弱いのが難点です。
アクリルの間に挟むことで布地独特の風合いを生かしながら、水回りにも使用できるようになります。





■ クリア板にシルク印刷をして加工する

透明なアクリル板の裏側からシルク印刷を施します。
アクリル独特の透明感を生かしながら製品にユニークな表情を与えます。
裏からプリントすることで、キズに強く模様に独特な立体感が生まれます。





■ カラー板にシルク印刷をして加工する

カラーのアクリル板の裏側からシルク印刷を施します。
アクリル独特の透け感を生かしながら、クリア板とは違うユニークな表情を与えます。
裏からプリントすることで、キズに強く模様に独特な立体感が生まれます。